HOME » 東京でマンション売却を成功させるためのコツ » 売主がやっておくべきこと

売主がやっておくべきこと

ここではマンション売却を成功させるためのコツや売主としてやっておくべきことを整理しました。

物件案内時に売主として注意すべきポイント

マンションが売りに出されると購入希望者が見学に訪れることがあります。マンション売却を成功させるためには、そこでの印象をよくするのがカギになります。
そこで、物件案内時の注意点をまとめました。

清潔感を出す

清掃が行き届いていて、きれいに使われている家は売り手の好印象につながり、物件の付加価値を高めます。特に風呂場やキッチンなど水回りに注意して常日頃から家の中を清潔に保つようにしておくことが重要です。
汚れがひどい場合はハウスクリーニングを依頼することも考慮にいれておきましょう。

すっきり感を出す

とにかく無駄なものをは片付けて整理整頓しましょう。
物をできるだけ置かずに、使用していないものはトランクルームに預けたりするなど、部屋をすっきり見せて広々と感じさせるようにします。
玄関も靴は下駄箱にしまって広く見せることが重要です。

室内を明るくする

玄関や室内が薄暗いとマイナスの印象を与えてしまいます。
物件案内時にはカーテンを開けたり、部屋の電気をすべてつけておくなどして明るさを強調することが大切です。
窓をきれいに拭いておく、部屋のライティングを工夫するなどして明るさを演出しましょう。

生活感を消す

生活感を感じさせるものには様々ありますが、その一つが生活臭です。
窓を開けたり換気扇を回して空気の入れ替えをしておきましょう。
また洗濯物が干してあったり、洗いかけの食器も生活感を出してしまうので、きちんと片付けておくようにしてください。

誠実で丁寧に対応

売主の印象はそのまま家の印象につながってきます。
できるだけアピールポイントを整理して質問には丁寧に答えられるように準備しておきましょう。
但し、あまり一生懸命過ぎると、売り急いでいる、何か隠しているのではないかと思われることがあるので、自分から過剰なセールスはしないことです。 

新築マンションの場合は買主はモデルルームを見学して検討しますが、中古マンションの場合は、現在住んでいる家がその会場となるわけです。
その点に注意して、購入希望者にできるだけ好印象を持ってもらうための努力をすることが必要です。

 
今月のピックアップ情報 マンション売却の査定依頼だけでもれなく1,000円のクオカードがもらえる
ページの先頭へ
マンション売却におすすめの不動産会社ガイド 東京編