HOME » 東京でマンション売却を成功させるためのコツ » 仲介業者の失敗しない選び方

仲介業者の失敗しない選び方

ここでは中古マンションを売るための正しい仲介業者の選び方についてポイントを紹介しています。

中古マンション仲介業者・選び方のポイント

マンション売却は通常、不動産会社に仲介を依頼することになります。
依頼先を間違えると売れるものも売れなくなる可能性があります。
そのため、仲介業者は慎重に選ばなければなりません。そこでここでは仲介業者の選び方について整理してみました。

中古マンションの売買を得意としているか

一概に不動産会社と言っても規模や業務内容も様々です。
まずは、中古マンションの売買をよく扱っている業者を選ぶことです。
店頭やインターネットでその会社の取扱い物件を調べて、中古物件の売買を得意としているかどうか確認してみましょう。

高額すぎる査定をしないか

査定をする場合は何社かに依頼することになると考えられますが、突出して高い査定額を提示してくる業者は要注意です。
依頼を受けたいがために、相場より高く査定額を出すところもあるからです。
査定額が高いからといって、実際に高く売れるとは限りません。

問い合わせ時の対応の良さ

こちらから問い合わせをした時に、きちんと話を聞いてくれるか、質問したことに対して丁寧にわかりやすく回答してくれるかなど対応の良さがポイントです。
都合のいい話だけでなく、リスクやデメリットまでしっかり説明してくれるところを選びましょう。

買主を探すための方法をいくつも持っているか

マンションを売却する場合、不動産会社がどのくらい買主を探す力があるかは重要です。
不動産情報ネットワーク(レインズ)への登録はもちろん、広告やインターネットなど様々な媒体を使ってどの程度売却をサポートしてもらえるか確認するようにしましょう。

売却後のサポートはどうか

通常、マンションを売却する場合、売買契約が成立して引き渡せば終了です。
しかし、不動産会社の中には引渡後に住宅設備に不具合が生じた場合に補修・交換を請け負ってもらえるところもあります。
こうしたサービスがあるところは買い手にとっても売り手にとっても安心です。

サポート体制や評判で選んだ東京の仲介業者BEST5はこちら>>

 
今月のピックアップ情報 マンション売却の査定依頼だけでもれなく1,000円のクオカードがもらえる
ページの先頭へ
マンション売却におすすめの不動産会社ガイド 東京編