HOME » マンション売却のための基礎知識 » 媒介契約の種類

媒介契約の種類

ここでは不動産会社と結ぶ媒介契約の種類とそれぞれの特徴について解説しています。

3種類ある媒介契約

不動産会社にマンション売買の仲介を依頼する際には媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。

専属専任媒介契約

仲介業務を1社の不動産会社に依頼し、他の不動産会社に重ねて依頼することはできません。
また、依頼主が自分で見つけてきた購入希望者についても、依頼した不動産会社を通して取引することが義務付けられています。
不動産会社は依頼主に対して、1週間に1回以上、売却活動の状況を報告することになっています。

専任媒介契約

専属専任媒介契約と同じで、仲介業務を1社の不動産会社に依頼しますが、依頼主が自分で見つけてきた購入希望者とは不動産会社を通すことなく契約することができます。
不動産会社は依頼主に対して、2週間に1回以上、売却活動の報告をすることになっています。

一般媒介契約

複数の不動産会社に同時に仲介を依頼できる契約です。
依頼主が自分で見つけてきた購入希望者とは不動産会社を通すことなく契約することができます。但し、不動産会社は売却状況報告の義務はありません。

一般媒介契約には「明示型」と「非明示型」があり、明示型の場合は、他の不動産会社との同時依頼を認めつつも、仲介を依頼した不動産会社に他にどの不動産会社に依頼しているかを通知する必要があります。
非明示型の場合は、他にどの不動産会社に依頼しているかを通知する必要はありません。

どの媒介契約がよいのか

一概にどの媒介契約がよいかは断言できません。
一般媒介契約を結ぶと不動産会社間の競争は高まってよいという考え方もありますし、不動産会社にとっては不安定な契約なので売却活動に力を入れないと考えもあります。

専属専任媒介契約や専任媒介契約の場合は、不動産会社にとって安定的な依頼となるので売却活動への取り組みの密度が高くなるとも考えられますが、競争原理は働きません。

最終的には依頼主と不動産会社の信頼関係が最も重要となってきますので、依頼主が窓口を一本化したい、または複数社に依頼して競争させたいなど意向を明確にすることです。
どの媒介契約にするかは、どのように売却活動を進めていくかという方針を立てた上で、自分の意思で決めるようにすることが大切です。

 
今月のピックアップ情報 マンション売却の査定依頼だけでもれなく1,000円のクオカードがもらえる
ページの先頭へ
マンション売却におすすめの不動産会社ガイド 東京編