HOME » マンション売却のための基礎知識 » マンション査定~売却までの流れ

マンション査定~売却までの流れ

ここでは査定依頼からマンション売却までの大まかな流れにについて説明しています。

マンションが売却されるまでの基本的な流れ

一般的な流れは以下のようです。

1.価格相場の把握

不動産会社に査定を依頼する前に、やっておくとよいのが価格相場の調査です。
同じ地域の同じような物件がどのくらいで取引されているのか調べておきましょう。
マンションの価格相場は、住宅情報誌やチラシ、インターネットなどで調べることができます。

2.査定を依頼する

価格相場がだいたい掴めた段階で、不動産会社にマンションの査定を依頼します。
価格査定の方法については不動産会社ごとに特徴がありますので、数社に依頼するのがおすすめです。
査定額が高いから必ずしもよいわけではありません。納得がいくまで説明を聞くようにしましょう。

3.媒介契約の締結

不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約とは、不動産売買の仲介をしてもらう契約で、マンションを売りたい依頼者と仲介不動産会社で結ばれる契約です。
媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあります。
一般媒介が複数の業者に販売を委託できるのに対し、専任媒介と専属専任媒介は1社のみの契約となります。

4.購入希望者探し

実際にマンションの販売が開始されます。不動産会社の方でレインズと言われる不動産情報検索システムに物件を登録したり、インターネットやチラシで広告を出し宣伝活動を行います。
購入希望者がマンションを内覧することもありますので、部屋の清掃や整理などをしておきましょう。

5.買い付け申し込みの受付・交渉

購入希望者から購入条件が記載された申込書が入ります。不動産会社は、売主と買主の希望条件を確認した上で、お互いの条件を調整します。
価格の他に支払い方法、引渡し期日など複数の条件を合わせて交渉することがありますので、不動産会社とよく相談して円滑に進めるようにしましょう。

6.売買契約の締結

条件交渉が終わり、双方が合意できたら売買契約を締結して売買成立となります。
契約時に手付金も受け取ります。契約が決まったらマンションの引渡し日までに引っ越しを済ませます。

7.マンションの引渡し

買主から残代金を受領し、マンションの引渡しをします。
ローンが残っている場合は抵当権等の抹消手続きなども行います。
このあたりは個々のケースで違ってきますので、不動産会社などに確認しながら手続きを進めます。

 
今月のピックアップ情報 マンション売却の査定依頼だけでもれなく1,000円のクオカードがもらえる
ページの先頭へ
マンション売却におすすめの不動産会社ガイド 東京編