HOME » マンション売却のための基礎知識 » 売却にかかる費用

売却にかかる費用

ここではマンション売却の際に必要な費用や税金について解説しています。

マンション売却時にはこんな費用が発生する

おもかかる費用は以下のようです。

不動産会社に支払う仲介手数料

マンション売却時には様々な費用が必要となりますが、その中で最も大きな額を占めるのは不動産会社に支払う仲介手数料です。
仲介手数料は「成功報酬」なので、媒介契約期限内に買主が見つからなかったり、売買契約が設立しなければ発生することはありません。

仲介手数料は会社により、どのくらい支払うかは異なりますが一般的には「売買が成立した価格×3%+6万円+消費税」となっています。
例えばマンションが2,000万円で売却できた場合は、2,000万円×3%+6万円=66万円。
これに消費税3万3千円を加えると69万3千円が仲介手数料として支払う額になります。

抵当権抹消にかかる費用

抵当権抹消とは住宅ローン会社に設定されている抵当権を抹消するための手続きです。
住宅ローンを組む時に購入するマンションを担保に資金を借り入れると、抵当権が住宅ローン会社に設定されます。これが設定されたままだとマンションを売却することができません。
したがって、抵当権の設定されたマンションではローン残金の支払いを済ませて抵当権を抹消する必要があります。
抵当権抹消は個人でも行うことは可能ですが、一般的には司法書士に依頼することになりますので、その報酬として2万円程度の費用がかかることになります。
もちろん、抵当権が設定されていないマンションの場合は、この手続や費用は必要ありません。

リフォーム費用

リフォームは必ずやらなければならないとは限りませんが、設備に不具合がある場合は補修しておく必要があります。
また、ハウスクリーニングや最低限のリフォーム費用は考えておいた方がよいでしょう。

その他に必要な費用

その他、マンション売却時に必要な費用としては、売買契約書に貼る印紙代が売買価格によって1万円から8万円程度。
売却利益が出ると発生する譲渡所得税などがあります。
細かなところでは住所変更に伴い、免許証などの更新に必要な住民票発行の代金もあります。

引越しの費用は売却費用に入らないかもしれませんが、仲介手数料に次いで高額な費用がかかるものですから、あらかじめ必要経費として計画に入れておいたほうがよいでしょう。

 
今月のピックアップ情報 マンション売却の査定依頼だけでもれなく1,000円のクオカードがもらえる
ページの先頭へ
マンション売却におすすめの不動産会社ガイド 東京編